【期間限定】コミュ力爆上がり!おすすめ研修はこちらから!

質問力でコミュニケーションを高める!即実践テクニック

質問力のイメージ

コミュニケーションという旅の荷物を軽くする鍵は、実は「質問力」にあります。

相手の話に耳を傾け、理解を深めるための良質な質問は、日常からビジネスシーンに至るまで、人間関係をスムーズにし、信頼関係を築くための必携ツールです。

しかし、いざ質問をしようとすると、どのように質問すればいいのか、何を聞けばいいのか、ためらったりした経験がありませんか?

質問に悩む事例
  • 『どのように質問すればいいのか』わからない
  • 『何を聞けばいいのか』わからない
  • 結局質問が出来ない→相手の事がわからない

この記事では、質問力の本質を解き明かし、コミュニケーションの質を変える質問の力について深掘りしていきます。

この記事でわかる事
  • 質問の基礎知識
  • 質問力を高めるポイントや注意すべき点
  • 質問テクニック

家庭でも職場でも、また友人関係においても、一つの質問が関係性を豊かにすることも少なくありません。

それでは、質問のチカラを最大限に引き出すための第一歩を踏み出しましょう。

広告

目次

質問力でコミュニケーションを高める!即実践テクニックの基本

質問のイメージ

質問はコミュニケーションの質を左右する重要な要素です。相手の考えを引き出し、対話を深めたり、良好な関係を築いたりするためには、適切な質問技術が不可欠です。

質問力の本質:相手を理解する

質問にはただ答えを導くだけでなく、相手を理解する、思考を促進するといった多面的な役割があります。

質問の目的
  • 相手を理解する
  • 思考を促進する
  • 相手の意見を深掘りする

たとえば、対話中に相手の意見を深掘りする質問をすることにより、その人の価値観や動機を理解しやすくなります。

このように、単に情報を交換するだけでなく、対話を通じて人と人がつながるためのツールとしての質問力が重要視されるわけです。

また、質問は難しい問題を解決するプロセスを促進する手段としても有効であり、個人や組織の成長に寄与する要素といえるでしょう。

良質な質問が生む効果:互いの『知らない』を知る

良質な質問はコミュニケーションの流れに大きく影響します。

質問のメリット:互いの理解を深める
  • 質問する人:わからない事が理解できる
  • 質問される人:『何がわからないのか』理解できる

受け手に考える機会を与えると同時に、話し手にはより明確な理解を促す効果があります。そのため、良質な質問は対話をさらに有意義なものにし、相手との関係を強化します。

質問はチームワーク向上の基盤つくり

また、建設的なフィードバックをもたらすための基盤作りにもなり、プロジェクトや情報共有の場面で意思決定に資する議論を活性化させます。

相互理解の促進や信頼構築、チームワークの向上においても、良質な質問は欠かせない要素といえるでしょう。

広告

コミュニケーションの質を変える質問の力

質問はコミュニケーションの質を変える力を持っています。適切な質問がなされることで、会話の流れが変わり、参加者の関与の仕方にも変化が生じます。

誰かに何かを学ぶときや、チームで問題解決を図るときに、質問を通じて知識を共有したり、アイデアを出し合ったりすることができます。

これにより、情報の収集だけでなく、新たなアイデアの創出や創造的な解決策の探求が可能になり、一方的なコミュニケーションから双方向性、対話性のあるコミュニケーションへと進化します。

即実践!質問力アップの心構え

質問力を高めたいなら、正しい心構えと相手を尊重する姿勢が肝心です。好奇心を持って相手に接し、オープンな態度で話を聞くことを心がけましょう。

質問力アップの心構えのイメージ

また、自己中心的な思考を捨て、相手の立場や感情を理解しようとする姿勢が重要です。質問をする際には、相手に圧迫感を与えず、話しやすい雰囲気を作るよう努めることも大切です。

心から興味を持って、相手の話に耳を傾けることができれば、自然と質問力も向上していくでしょう。

質問力を高めるポイント

質問力を高めるにはいくつかのポイントがあります。

質問力を高めるポイント
  • 明確で簡潔な質問を意識
  • 相手に思考を促すことも目的とすべき
  • 聞く姿勢、理解を深める努力

まずは、明確で簡潔な質問を意識しましょう。複雑かつ曖昧な質問は相手を混乱させ、有意義な回答を得ることが難しくなります。

次に、質問は情報を引き出すだけでなく、相手に思考を促すことも目的とすべきです。また、聞く姿勢も大切です。

質問力を高めるポイント

質問を投げかけた後は、じっくりと相手の回答を聞き、理解を深める努力が必要です。

相手の答えから新たな質問が生まれることもあり、これが対話をより豊かにする要因となります。

広告

質問力を阻害する落とし穴

質問力の向上には落とし穴がいくつか存在します。

質問力を阻害するNG行為
  • 相手を批判するような質問
  • 自分の意見を押し付けるような質問
  • 解決のしようがない質問

具体的な落とし穴としては、先入観に基づいた質問や、相手を批判したり詰問するような質問が該当します。これらは、相手を心理的に防御的にさせ、開かれた対話を妨げる要因となります。

質問力を阻害する落とし穴

また、無自覚に自分の意見や答えを押し付けるような質問も避けるべきです。相手の話を真摯に受け止め、双方の理解を深めることが質問の目的ですので、自己中心的な視点を捨てることが、避けがちな落とし穴から抜け出る手助けになります。

会話→質問→会話が基本【ここ重要!】

コミュニケーションが深まるコツ
  • 会話→質問→会話 自然の流れ
  • 質問→質問→質問 不自然×

『会話→質問→会話』これを繰り返す事によってコミュニケーションが深まります。質問は会話があって初めて生きてきます。ところが、私の経験上『質問をすればするほどいい』と勘違いしている人をよく見かけます。

会話を伴わない質問のイメージ

会話を伴わない質問は不自然であり、逆効果になる可能性があります。会話→質問→会話を意識して質問をしてみましょう。

会話→質問→会話の自然な流れのイメージ

具体的な質問テクニックとその例

具体的な質問テクニックとその例のイメージ

効果的なコミュニケーションを取るためには、幅広い質問テクニックが使われます。今回は、情報を詳しく引き出す方法、対話において相手を安心させる問いかけについて、具体例とともに詳しく解説していきます。

質問による情報の深堀り方

質問による情報の深堀り方のイメージ

情報の深堀りには、開かれた質問を活用すれば詳細が明らかになります。

例えば、「具体的にどのような状況だったのか教えてください」と問いかけることで、相手に物語りを促し、状況の細かな部分まで理解できるようになります。また、「それをどのように感じましたか」と感情に焦点を当てれば、相手の内面的な側面についても掘り下げることが可能です。

このテクニックは、相手の話をじっくりと聞き、質問を通じて相手の経験や考えを詳しく理解することを目指しています。

相手を安心させる質問の仕方

安心感を提供する質問は、相手が心を開いて話せる環境を作ります。

たとえば、ご意見を伺いたいのですが、いいですか?」と尋ねることで相手に選択権を与え、プレッシャーを減少させることができます。「その話をもっと詳しくしていただけると嬉しいのですが、可能でしょうか?」という間接的な表現も、相手に柔らかな印象を与え、安心して詳細を話すきっかけになります。

相手を安心させる質問のイメージ

このように直接的な質問を投げるより、『恐れ入りますが…』『差し支えなければ…』というクッション言葉を使用する方が、やさしさや共感をより表現する事が出来ます。

優しさや共感を感じさせるような言葉選びは、信頼関係を築く重要な一歩となります。

まとめ

質問力でコミュニケーションを高めるまとめ

いかがでしたでしょうか?今回は質問力がコミュニケーションにおける重要な役割を担うことを解説しました。

質問力の本質の理解から始まり、その効果、良質な質問ができる心構え、さらに具体的なテクニックとその例までを見てきました。日常生活の様々な場面で質問力を活かす方法も紹介しました。

肝心要なのは、知識を吸収し実践に移すことです。読んだだけではなく、実際のコミュニケーションの中で積極的に質問力を駆使してみてください。

心掛け次第で人間関係が向上し、情報の質が高まり、結果、より豊かなコミュニケーションが可能になります。美しいコミュニケーションのために、質問力を日常に取り入れる一歩を踏み出しましょう。

無料相談で質問してみませんか?

質問力はコミュニケーションに必須スキルです。しかし、なかなか1人では上達できません。このサイトではオススメの研修として下記プログラムをご紹介しています。

広告

今なら期間限定の無料診断&アドバイスを実施中です。私がオススメする理由として、過度な勧誘や営業は一切なく、安心して無料診断が受けられる点です。

さあ、ノーリスクで質問力を向上させて素敵な人生を歩んでいきましょう!

\過度な勧誘や営業は一切なし/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次